サービス案内

適性交換時期は4年前後が目安です!

あなたは大丈夫ですか?

タイヤタイヤがすり減っていればブレーキの効きが悪くなりますし、不適切な空気圧は燃費悪化やバーストにも繋がります。
快適な乗り心地と燃費向上、安全運転のために、摩耗したタイヤは早めの交換をお勧めします。

車のタイヤにはひび割れを防ぐ「ひび割れ劣化剤」という油分が入っています。たとえ走行距離が0kmであったとしても、年数が経つと、それがどんどん抜けていくため、タイヤは自然と劣化していきます。

又、ミニバンや軽自動車は、1tや2tの重量のうち7:3の割合で頭ばかりが重く、走るときも止まるときも前のタイヤを使うので、熱負担で前輪の劣化が早まります。ミニバンや軽自動車にお乗りの方は前輪の劣化に注意が必要です。


 タイヤの点検・交換について

ホイールタイヤは自動車の安全にとって重要な役割を担っています。

一方、タイヤはさまざまな材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。その特性の変化はそれぞれ環境条件・保管条件及び使用方法(荷重、速度、空気圧)などに左右されますので、点検が必要です。

従って、お客様による日常点検に加え、使用開始後5年以上経過したタイヤについては、継続使用に適しているかどうか、すみやかにタイヤ販売店等での点検を受けられることをお奨めいたします。また同時にスペアタイヤについても点検を受けられることをお奨めいたします。

タイヤ面また、外観上使用可能のように見えたとしても(溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も)製造後10年経過したタイヤ(含むスペアタイヤ)は新しいタイヤに交換されることをお奨めいたします。

なお、車両メーカーがその車の特性からタイヤの点検や交換時期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、その記載内容についてもご確認下さい。

タイヤショップ長津田では、タイヤの定期点検サービスを行っております。

お客様のタイヤの状態を定期的にチェックしさまざまなアドバイス。ご提案をさせていただいておりますので、是非ご利用ください。


ここに記載した10年という年数は、あくまで目安であって、そのタイヤの実際の使用期限(すなわち、継続使用に適していないこと、または安全上の問題があるかもしれないことを示す時期)を示すものではありません。従って、環境条件、保管条件及び使用方法によって、この年数を経過したタイヤであっても、継続使用に適している場合もあれば、この年数を経過していないタイヤであっても継続使用に適していない場合もあります。10年を経過していないタイヤであっても、上記の環境条件等によっては交換する必要がある場合があることに特にご注意下さい。

また、この10年という年数及ぴタイヤ販売店等による点検のお奨め時期である使用開始後5年という年数は、いずれも各タイヤメーカー・販売会社・販売店による品質保証期間期限を示すものでもありません。


タイヤショップ長津田

名称 タイヤショップ長津田
所在地 〒226-0027
横浜市緑区長津田6-10-30 MAP
TEL 045-983-6075
CELL-PHONE 090-7266-4285
Email info@nagatuta-tireshop.net
代表者 高野 雅之
営業時間 OPEN AM10:00~CLOSE PM6:00
定休日 水曜日、GW、夏季休業、年末年始
アクセス JR横浜線 長津田駅南口 徒歩7分
サイゼリア隣厚木街道 御前田交差点